審査で決める消費者金融 >> 借りたお金は必ず返そう。返済できなければブラックリストに登録されます。

[ranking only=”sp”]

借りたお金は必ず返そう。返済できなければブラックリストに登録されます。

毎日の暮らしの中でふと生じたお金の必要性を埋め合わせる上でも、銀行や消費者金融などが提供するキャッシングサービスはとても便利です。そもそもキャッシングとは「お金を借りる」という意味の言葉で、そこには具体的に様々な借り方が存在しています。

たとえばその代表格として挙げられるのがカードローンです。これは一枚の個人専用カードを発行することで、融資金が必要になった時にいつでも近場のATMに駆けつけることでお金を借り入れることができるというもの。さらにはお金が不足するごとに店頭窓口やネットや電話などを使って融資申請を行い、その借り入れが許可されると迅速に預金口座にお金が振り込まれるというものもあります。いずれも手軽に申請でき、なおかつスピーディーに現金を手にできるので、大変頼りがいのあるキャッシングサービスです。

こうして借り入れ契約が成立すると共に利用者側に生じるのが借金返済の義務です。借りたお金に利息を加えた形で、銀行振込、口座引き落とし、ATMでの入金などの手段を通じて、計画的に返済していくことが求められます。これが万が一にも返済が滞ったり、あるいは自己破産するなどの事態に陥ってしまうと、こうした返済事故の履歴が信用機関に記録され、ブラックリストとして登録されることとなります。

こうしてブラックリストに登録されると、3年から7年、さらには10年くらいに渡ってリストから消えないことも多く、この期間中に再度、金融機関で借り入れ申請を行っても審査の時点で却下されてしまいます。これは審査では必ず担当者が申請者情報を信用機関に問い合わせるからであり、その名前がブラックリストに載っていることがわかると、返済不能に陥る可能性がある、としてどの金融機関も融資をためらってしまうからです。

このような事態に陥らないためにも、金融機関で借りたお金は必ず計画的に返済することが必要なのです。

[ranking only=”pc”]

メニュー

リンク集