審査で決める消費者金融 >> 10万円借りるより1万円借りる方が審査が甘い!?借入額によって難易度は変わるのか?

[ranking only=”sp”]

10万円借りるより1万円借りる方が審査が甘い!?借入額によって難易度は変わるのか?

いざお金を借りようと考えた時、どのくらいの金額を借りたいかをまず考えます。数万円で良い方もいれば、それこそ数百万円も借りたいという方もいるでしょう。このような場合ですが、借入額の大きさはそのまま審査に影響するのでしょうか?低いほうが甘いのでしょうか?

これは会社によって変わるので何とも言えまえんが、審査の基準はたとえ少額だろうと高額だろうと対して変わらないのが現状です。消費者金融はボランティアでお金を貸しているわけではありません。ビジネスでの貸し借りなので回収できない顧客にサービスをしようとは考えません。例え少額であってもそれは変わりません。借入額が低い方が甘いと思われている要因として、小額なら提出しなければならない書類が減ることや在籍確認を取らないことなどを「審査自体が優しくなる」とはき違えているのが伺えます。

確かに多少は譲歩してくれるかもしれませんが、それも本当に多少程度でしょう。悲しいことですが金額によって目に見えて審査基準を変える消費者金融はありません。そんなことをすれば高額借り入れの顧客を失うことにつながるので、利息で利益を得ている金融会社がそんなリスクをおかすことはしないはずです。自分が借りられる額の範囲内であれば、いくらであっても審査基準は同じように行われます。

ですが前途のように、ある一定を超えてしまっている借り入れの場合は必須になる必要書類が途端に増えるので、この点に関しては審査が厳しくなったと言えなくもないです。しかしタイトルのような1万円と10万円ほどの差なら、他社に借り入れをしているなどの問題がなければ審査基準に大きな違いはありません。ようはお金をちゃんと返してくれるのかという話になってくるので、ここをクリアできればいいだけです。

そうは言っても審査基準は教えてくれませんので、変に身構えずに申し込んで見ることを薦めます。小額を希望していたけど意外と多く融資してもらえることになったという話もあるくらいなので、申し込んでみなければ分からないのが消費者金融です。

[ranking only=”pc”]

メニュー

リンク集