審査で決める消費者金融 >> 審査の時に必ず聞かれる在籍確認とは?

[ranking only=”sp”]

審査の時に必ず聞かれる在籍確認とは?

消費者金融でお金を借りようとした場合、必ずと言っていいほど「在籍確認」があります。在籍確認とは、申し込んだ方が「本当に勤務先に勤めているのか」「無職じゃないのか」を確認するために勤務先に匿名で電話することです

申し込みでの記入欄の勤務先でちゃんと働いているかを電話して確認します。もちろん「消費者金融の○○です」とは名乗りません。多くは申込者個人の名前を出して「○○さん、出社していらっしゃいますか?」と聞いてきます。

ここで「今はいません」や「今日は出社していません」などと返事があれば、それだけで勤務していることが分かるので確認終了になります。しかし殆どの金融会社がこの手を使っていることと、近年はネットで調べればこのような情報はすぐに手に入れられることから、勤務先は金融会社からといち早く察知します。

それが嫌で在籍確認をしない消費者金融で申し込む方も多いです。お金を借りることに後ろめたさを感じて知られたくなかったり、中にはこのことで立場が悪くなってしまったというケースもあるようです。理由は様々ですが、総じて誰にも知られずにお金を借りたいと考えている傾向が強いようです。在籍確認を取らない消費者金融も確かにありますが、勤務していることを証明させなければならない為に用意するものが出てきます。これを用意できなければ審査を通過できない、もしくは電話での在籍連絡を余儀なくされます。

主に必要となる書類は会社発行の健康保険証、源泉徴収や給料明細になります。給料明細については昔のものを引っ張り出すのではなく、一番最近発行したものから連続した数ヶ月分を用意しなければなりません。大体2~半年分の給料明細が必要になるようです。

無論、これだけとは限りません。やはり金融会社によって用意するものが違ってくるので、それにも対応しなければいけません。また、自分の借り入れ状況によっては在籍確認無しを受けることができない場合もあります。在籍確認は借り入れの最低条件である「安定した収入を得ていること」を証明させる為のものです。本来なら受けてしかるべき方法であります。それでもやはり知られたくないと考えている方は、オペレーターに相談してみるといいかもしれません。知られたくない上司がいな時間帯に確認を取ってくれるなど、考慮してくれるかもしれません。

[ranking only=”pc”]

メニュー

リンク集