審査で決める消費者金融 >> 消費者金融での借り入れがフラット35の審査に影響する

[ranking only=”sp”]

消費者金融での借り入れがフラット35の審査に影響する

消費者金融から借り入れがあると、他のローンの審査には通らなくなると言われることが多いですが、フラット35で借りる場合にはどうなのでしょうか。その影響についてですが、消費者金融から借り入れをして、そして遅れることなく完済したのなら特に問題はありません。

影響があるのは、返済をきちんと行わなかったときです。もしも返済が何ヶ月も遅れたことがあったり、あるいは完済していないものがあったりすると、その情報があることによって審査に通らなくなります。ですから、きちんと返済をしていることは、フラット35で借り入れをするためには必要な条件の一つだと言えるでしょう。

次に、返済負担率に影響することも知っておかなければなりません。フラット35では、年間の収入に対する年間の返済金額の割合を返済負担率として定めています。返済金額にはすべてのローンの返済金額も合計しなければなりません。その上で返済負担率に上限が設けられています。

ですから、もしも消費者金融から借り入れがあった場合には、フラット35の返済に充てることのできる金額が小さくなります。返済期間は最長で35年と定められていますから、これによって借り入れることのできる金額は限定されます。それが原因で、必要な資金を借りることができなくなることがあります。

消費者金融から借り入れがあったからと言って、フラット35で借り入れができないわけではありません。しかし、審査に申し込む前に完済をしておいた方が良いです。

[ranking only=”pc”]

メニュー

リンク集