審査で決める消費者金融 >> 最近の消費者金融審査で健康保険証が必要な理由

[ranking only=”sp”]

最近の消費者金融審査で健康保険証が必要な理由

最近は、消費者金融のカードローンの審査において、電話による申込者の勤務先への在籍確認をしないことがあります。ただ、勤務先の有無は申込者の収入の有無に直結するため、在籍確認自体をしないわけにはいきません。そこで、電話による在籍確認の代わりに、申込者から「健康保険証」と「給与支払明細書」の提出を受けていますが、健康保険証を要求しているのには理由があります。

   実は、健康保険証は発行する業態によって種類が違っており、一般的に公務員は「共済保険」、大手企業の社員は「組合保険」、中小企業の社員は「社会保険」、自営業者やパート・アルバイトは「国民健康保険」を利用しています。従って、健康保険証を見れば、申込者がどのような業態の仕事に従事しているのかが分かりますし、雇用の安定性も判断することができます。当然、発行している企業の名前も記載されています。

また、給与支払明細書では申込者の年収が分かります。従って、消費者金融にとっては、健康保険証と給与支払明細書が審査における融資の可否を決定したり、利用限度額を設定したりする上で重要な材料になります。

特に最近は、企業における派遣社員の比率が高くなっているため、消費者金融カードローンの申込者の中にも派遣社員が多くなっています。そして、派遣会社では個人情報の保護の観点から派遣社員に対する在籍の返事を拒否するようになっているため、消費者金融としても新しい審査の方法として、在籍証明書や健康保険証による在籍確認の手段を取るようになっています。

[ranking only=”pc”]

メニュー

リンク集