審査で決める消費者金融 >> 消費者金融の審査基準はだいたい同じ?

[ranking only=”sp”]

消費者金融の審査基準はだいたい同じ?

消費者金融からお金を借りるためには、申し込みをして審査を受けなければなりません。この審査の基準はそれぞれで異なるのですが、だいたい同じようなものになっています。まず、年齢による制限があります。下限は20歳以上と定めていて、上限は65歳から70歳くらいまでになっていることが多いです。

年齢制限とともに、収入に関して一定の基準がある場合が多いです。多くの場合には、続けて収入を得られることが条件となります。正社員として雇用されていれば、定年になるまでは収入が確保されると判断されますから、この場合にはたいてい審査には通ります。正社員でなくても、毎月給料をもらうことのできるのであれば、通ることが多いでしょう。

審査の厳しい銀行の中には、正社員でないと申し込むことができないものもありますが、消費者金融の多くは正社員でなくても申し込みができます。ですから、パートやアルバイト、あるいは派遣社員などであっても、続けて収入があれば、消費者金融からなら借りることができる場合が多いです。

基準はそれぞれで異なるのですが、消費者金融はたいてい年齢制限と収入に関する制限以外には儲けていません。ですから、比較的利用しやすいと考えられます。ただし、過去に滞納の履歴があるなど、信用情報に問題のある人もいるようですが、このような人は申し込みをしても審査に通ることはありません。消費者金融は利用しやすいとは言っても、過去の事故情報は大きく影響します。

[ranking only=”pc”]

メニュー

リンク集