審査で決める消費者金融 >> 消費者金融のキャッシングの審査で行われる勤務先への在籍確認について

[ranking only=”sp”]

消費者金融のキャッシングの審査で行われる勤務先への在籍確認について

消費者金融のキャッシングを利用するためには所定の審査に通過しなければなりませんが、この審査では申し込み用紙に記載された内容に基づいて調査が行われることになります。

消費者金融のキャッシングでは職業を記入する欄がありますが、審査では記載されている勤務先への電話での在籍確認が行われることになります。キャッシングを利用するためには継続した収入があることが最低条件となっていますが、それを確認するためです。キャッシングを申し込む人の中には、実際には仕事をしていないにもかかわらず、虚偽の勤務先を記載して働いていることにしている人物も少なからずいるからです。

キャッシングの申し込み用紙に記載されている勤務先への在籍確認では簡単な内容の電話がかけられることになります。消費者金融はその会社名を名乗るわけではなく個人名での電話になりますが、本人以外の会社の人が出た場合には該当する人物がその勤務先に本当に勤めているのかが確認されることになります。

しかし、消費者金融であることを名乗らず、ただ該当する人物が勤務しているのかを確認されるだけなので会社の人間にキャッシングの審査であることは知られてしまうことはありません。

また、本人が電話口に出られる状態の時には勤務先の人間に代わって本人が電話に応答することになります。その際には生年月日や住所などを質問されますが、在籍確認ではその程度の質問だけで終了するので、たとえ周囲の人に電話での会話を聞かれたとしても消費者金融からの電話であることがばれる心配はありません。

[ranking only=”pc”]

メニュー

リンク集