審査で決める消費者金融 >> 無職の人が消費者金融の審査に通るための対策を考える

[ranking only=”sp”]

無職の人が消費者金融の審査に通るための対策を考える

無職の人が消費者金融から借りようと思っても、たいていは審査に落とされます。実際には働いていないのに働いていることにすれば借りることができる場合もあるようですが、当たり前のことですが、これはするべきではありません。後からトラブルになることもあるでしょう。ですから、勧められることではありません。

では、どうすれば良いのでしょうか。もっとも良い方法は、無職ではなくすことです。何らかの方法で収入があれば、借りることができる場合が多いです。借り入れる金額があまり大きくなければ細かい調査が行われないことが多いですから、一時的であれ何であれば、仕事らしきものを見つけるのが良いです。

最も簡単な方法はアルバイトを探すことです。アルバイトを探せばフリーターになることができますから、無職ではありません。消費者金融ならフリーターでも利用するための条件を満たしていますから、他の条件に問題がなければ審査を通過して、そして借りることができる場合が多いでしょう。

会社に雇用されていなかったとしても、収入があれば借りられることもあります。雇用されずに収入のある人を個人事業主と呼びます。例えば、自宅でパソコンを使って稼いでいる人や、あるいはネットオークションで稼いでいる人なら、収入を確保することはできるでしょう。このような場合には、わざわざアルバイトを探さなくても自営業でもOKの消費者金融に申し込みをすれば、審査に通ることが多いです。

[ranking only=”pc”]

メニュー

リンク集