審査で決める消費者金融 >> 奨学金の支払いは消費者金融の審査に影響あり。滞納中なら可能限り返済しよう

[ranking only=”sp”]

奨学金の支払いは消費者金融の審査に影響あり。滞納中なら可能限り返済しよう

奨学金は現在、債権回収業者に委託されています。債権回収業者とは簡単に言えば取り立て屋さんです。以前までは、職員のみでしたが現在は業者が委託しているため、取り立てが厳しいです。それに伴い、滞納を続けると将来、消費者金融のキャッシングやクレジットカードの契約が難しくなります。

学生機構の職員なら多少の返済の遅れを、大目に見ていた事もありました。インターネットで奨学金の支払いを逃げ切った、支払わずに済んだといった話が出てくるのはこのためと考えられます。しかし、現在は、回収業者のプロに委託されており、滞納する事でほぼ間違いなく信用情報機関にデータが載ります。

信用情報機関にデータが掲載されると、削除されるまでローン関連の契約が困難になります。学校卒業後、急速に信用を身につけた人は例外です。しかし、それ以外の人は、消費者金融のキャッシングを断られます。クレジットカードの作成も難しくなります。住宅ローンや教育ローンを組む事も困難となります。

現在、奨学金を滞納されている人は、将来の審査のために早めに返済していきましょう。問題なのは、消費者金融の審査だけではなく、他の将来設計で必要となる審査まで影響する事です。信用情報機関のデータは5年から10年で削除されますので、永遠に残る事はないです。ですが数年間の間に、結婚、自動車などでローンを組まざる得ない状況にならないとも限りません。絶対に返済・完済が難しい場合、債務整理をすべきですが、中途半端に滞納し、逃げ切る予定の人は、早めに支払うのがベストです。

[ranking only=”pc”]

メニュー

リンク集