審査で決める消費者金融 >> 銀行系ローンは総量規制の対象外。年収の3分の1以上借りられる可能性がある

[ranking only=”sp”]

銀行系ローンは総量規制の対象外。年収の3分の1以上借りられる可能性がある

キャッシングは使い道に関しては自由ですし、申し込みをしたらすぐに融資をしてくれるようなところもたくさんあります。また、保証人や担保を提供する必要がありませんので、気軽に借入ができるというのも大きなメリットです。ただ、消費者金融系や信販系会社など、ほとんどのキャッシングでは総量規制という制限があります。これは、業者に対して利用者の年収の3分の1以上を融資してはいけないというもので、複数の業者から借入をしているときにはその合計金額が対象となります。そのため、審査では通過しても融資を受けられないということも多く、利用者に対して不便なシステムといえます。

しかし、例外的に銀行系ローンは総量規制の対象外となっています。そのため、審査に通れば年収の3分の1以上の融資を受けることができる可能性もあります。年収によって利用限度額の上限を決めていることもありますが、それでも消費者金融等に比べると高額の融資を受けられる可能性がありますし、金利も利息制限法よりもかなり低めに設定しているところが多いため、キャッシングを利用するならまずこちらで相談してみるのが良いでしょう。

ただし、審査は消費者金融系のキャッシングと比べると若干厳しくなっていることが多いようです。とは言いながらも、総量規制による制限が気になる人にとっては救世主。申込んでみる価値は十分あると言えるでしょう。

[ranking only=”pc”]

メニュー

リンク集