審査で決める消費者金融 >> キャッシング審査時の在籍確認で聞かれることなどのまとめ

[ranking only=”sp”]

キャッシング審査時の在籍確認で聞かれることなどのまとめ

キャッシングの審査を受ける時に、融資を希望する人が、本当に申込みに記載している会社に勤務をしているのかどうかを確認するために、勤務先の会社に在籍確認の電話をする事があります。在籍確認の方法なのですが、キャッシングの会社から、直接勤務先に電話がかかってきます。

この時に、キャッシングの社名を告げることはほぼ無く、個人名や偽名を使用し本人に取り次ぎをしてもらいます。これは、融資を希望している人が、会社の人たちに、融資を受けるという事がばれないようにするための配慮です。そして、無事に本人が電話に出ることができれば、在籍確認は終了します。

また、本人が外出や作業中などで電話に出ることができない場合でも、不在の旨が伝われば終了する事もあります。その場合は、折り返し電話をかけるようお願いする事はなく、そのまま終了します。審査を受ける人の人権を尊重する事が基本となりますので、在籍確認の電話を入れる時間等は、希望を伝えれば応じてくれる場合も多いです。

また、電話をかけてくる人の名前は、親戚やよく電話をかけてくる人の名前を希望すれば、希望の名前でかけてきてくれることもあります。また、融資時の在籍確認については審査を受ける人の人権を尊重してくれるのですが、融資後に返済の期日を守らなかったり、滞納があったりして、融資を受けている本人と連絡が取れない場合、キャッシングの社名を名乗って勤務先に連絡が入るという話も聞いたことがあります。全ての消費者金融がそのようなことをするわけではありませんが少し注意が必要です。

[ranking only=”pc”]

メニュー

リンク集